ある日のあぼ

Dog Shelterがレスキューしてくれた あぼの里親として日々奮闘中!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長崎で失踪中の盲導犬アトムの虐待

盲導犬が虐待により行方不明に / 歩きながら排尿する異常な写真も「やせ衰え皮膚炎を起こし全ての被毛が抜け落ちていた」

目に障害がある人のために活躍する盲導犬。厳しい訓練を経てテストに合格した犬のみがなれるのだが、残念なことに長崎の盲導犬がユーザーにより虐待され、行方不明になっているのではとインターネット上で物議を醸している。

その盲導犬の名前は『アトム』。2009年11月にユーザーへ貸与されてから2012年1月23日に突然失踪し、数カ月が経った4月13日現在もその行方は明らかになっていない。

アトム号への虐待疑惑は2009年12月に初めて通報があり、2010年の5月には虐待を目撃した近隣の住人達の通報により、一旦九州盲導犬協会に引き上げられた。

だが、その後2010年8月に虐待を行ったとされる同じユーザーに九州盲導犬協会はアトム号を再貸与。その後2012年1月20日に再度獣医にチェックを行ってもらった後、週明けに引き上げる予定だったのだが同月23日、アトム号は突然失踪してしまったのだ。

虐待についてはさまざまな情報が飛び交っており、具体的に分かっている内容については一枚の写真からのみ見ることができる。それは、「アトム号が歩きながら排尿をしている」ということである。

この写真は長崎県の動物愛護団体がブログにて公開しているもので、見てみると確かにジグザグに歩きながら排尿をする異常な光景が写っていた。普通の犬でも排尿を時は止まってするものだが、ジグザグに尿のあとが写っていることから「無理やり引きずられながら排尿をしたのではないか」ということが予想できる。

また、これ以外にも長崎県在住のブリーダーの方はブログでこの事件について、以下のように記載していた。

*昨日ある著名な人物から、電話連絡を受けた。それは不幸な日々を送らざるを得ない盲導犬達についての話であった。

*2009年12月21日:長崎県庁の盲導犬貸与式にて盲人とされる男性に引き渡された盲導犬アトム。その後のアトムの一日は、大きく変わってしまった。

*食事や水は、『いっぱいやれば糞や小便ばするけん、少しやればよかと。』との考えの元、毎日わずかな量しか貰えてもらえなかった。
アトムの体は徐々に、衰弱を極め衰えて行ったと言う。

その男性が浜の町付近で、アトムのハーネスを引っ張りながら先導して歩く姿を、多くの人が目撃した。盲人である男性が、盲導犬のハーネスを引っ張りながら歩いている?何とも異様な光景である?????

『盲導犬は、小便やくそは何時間でも我慢できる』とう考えから、排泄の時間も設けられず、我慢の限界を超えたアトムは、歩きながら小便を垂れ流していた事も、度々多くの人に目撃されていた。

*そのアトムの様子を、人々は警察や県庁にも報告している。その人々の声有りて2010年5月、あまりにも不適切な飼育現状に、アトムは協会にいったん引き揚げられた。その時のアトムの状態:やせ衰え、胸から腹部は皮膚炎を起こし、全ての被毛が抜け落ちていたという。

*しかしその年の9月、同人物に、アトムは、不幸にも、再貸与された。現状は以前と変わらず、飼育状態は劣悪なまま。たまりかねたアトムは、その家から何度も脱走を図ったという。盲導犬が脱走?それは余程の場合のみである。誰しも我慢には限界がある。

以前本で読んだが、盲導犬はタバコの火を押し付けられても、必死に耐える。(このような非道な行為をする人間がまた、存在するのも現実である)完全にマインドコントロールされた犬である。余程の事でなければ、脱走はあり得ない。
(ブログより引用)

このブリーダーの方のお話が事実であれば、アトム号は従順な盲導犬ですら耐えられないほどの相当劣悪な環境に数年間おかれていたということだ。人間のために厳しい訓練を乗り越え、頑張ってきたアトム号が逃げ出さなければならなくなった状況を生み出してしまったのは非常に残念なことである。

現在も警察によりアトム号の捜索は続けられているというが、いち早く保護し安心できる環境に置かなければ命に関わる状態になってしまうかもしれない。人に慣れているはずの盲導犬が数カ月も姿を現さないというだけでも一刻を争う状態なのは明らかである。

長崎県付近にお住まいの方は、アトム号らしきラブラドール・レトリバーを見かけたらすぐに九州盲導犬協会(092-324-3169)まで連絡していただければと思う。
スポンサーサイト

| その他 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーブントースターで簡単ワンコ用クッキー

今回行ってきた駒沢里親会でスタッフや里親さん、ワンコ達に
毒味 味見してもらったミルククッキーをまろん&福ママの
リクエストでレシピを公開しまっせ~~


52.jpg


あぼも大好きミルククッキー

材料:
小麦粉 230g
無塩バター 60g
卵 1個
スキムミルク 大さじ2
オリゴ糖 90g



作り方:

1. まずバターを60g取り分けてAの器に入れて柔らかくなるまで放置

2. その間に小麦粉230gをBの器で粉ふるいにかけます
ちなみに私は粉ふるいがあるのを忘れて茶こしでやった(´Д⊂)

3. 卵をCの器に入れてよ~くかき混ぜます

4. バターが柔らかくなったらまず混ぜる!ドロ~ンとした感じ
バターの柔らか目安はクリーム状

5. Aの器に入ったバターの上にスキムミルク投下!混ぜ混ぜします
スキムミルクの粉が玉になってたらちゃんと潰しちゃって下さいネ

6. ⑤が混ざったらさらにその上にオリゴ糖を投下!ま~た混ぜ混ぜします

7. ⑥が混ざったら腕を酷使してさらに卵を投下!痛い腕をかばって愛犬の為と踏ん張ります
全部綺麗に混ざったらここからさらに混ぜますよ~!余力はありますか~?

8. ふるいをかけた小麦粉に⑦の液を何度かに分けて混ぜていきます

9. 辛抱強く混ぜていると段々と練っている気がしてきますが気のせいです

10. ここでやっと全てが混ざったはずです!生地がまとまったはず!

11. これをサランラップに巻いて冷蔵庫で30分以上寝かします
ちなみに私は放置して1日寝かしてました^^v

12. 寝かし終えたらかな~り綺麗なスベスベ黄色い生地が出来てるはずです

13. これをいくつかに取り分けて型抜きをするもよし、小さくちぎって
マルボーロみたいに手の平で丸めるもよし!

14. オーブントースターの鉄板にアルミホイルを敷いてその上に乗せてって
下さいね~。膨らまし粉を使ってないのでさほど膨らまないから
ある程度密集してても問題なし!

15. 1分ほど余熱したオーブントースターに鉄板を入れて表面に軽く薄い茶色の
焦げ目が付いたら出来上がり。うちの子は歯が…って子は表面を白いままで
下が軽く茶色になる程度に焼けば柔らかく出来ます。
固めは4分程度、柔らかめは2分程度でしょうかね。うちのトースターは
1000wなので早いのなんの。見ていなければすぐコゲコゲになります(;´Д`)

1最後に冷ましておいて下さいね~あとよくお菓子とかに付いてる
乾燥剤とリサイクルで放り込んでおくと湿気らなくて便利♪
焦げそうになったら上にアルミホイルをかぶせるといいですよ~。
あとクッキーの薄さ、厚さで焼き加減が変わってきます。注意!




人間が食べてもマジで美味しくないっす(゚д゚)
でも人間用に作りたい場合は、無塩バターを普通のマーガリンやバターに。
スキムミルクを普通のミルクに、オリゴ糖を砂糖にすればOK
その中にカフェオレの元とか売ってますがそれを入れて砂糖を少なめに
したり、ココアパウダーをスキムミルクと入れ替えたりしてもいいですね。

犬用にはスキムミルクの代替えとしてカボチャ、お芋、人参等を潰したものを
大さじ2入れるとカラフルさも演出!他にもお野菜を薄く切ってサラダ油で
揚げ、それを粉にして入れるのもいいかも。

オリゴ糖は甘いけれどカロリーの心配も無く、便通もバッチリ。
スキムミルクはカルシウムに。小さく作れば躾の訓練にも最適。
材料費で考えると売ってるクッキーよりも安いしかなり量も
多いです。家計にも優しいし、犬の体にも優しい。
でも私の精神的には負担(;´Д`)ヾだって…

あぼはこのクッキーが異常なほど好きで作ってる間はずーーーーーっと
きゅんきゅん鳴いてます。作り終えて冷ましてても鳴いてます。
クッキー缶に入れ終えても、私がその後にコーヒーを飲んでても
鳴いてます…。こんなにしつこくするのはこのクッキーだけだったりします…。
里親会では福ちゃんとまろんちゃんのサンプルクッキーを横からパクッと
食ってました…。あぼ……。

| その他 | | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駒沢里親会 報告

昨日は里親会が大盛況でしたよおお~っ

大雨の予報で人が少ないのかな~と思っていましたが雨は里親会が終わる
直前くらいにポツポツ程度でした。まろん&福ママの晴れ効果ですね!

3時間ほどいましたがその間あぼはあっちこっちに愛想を振りまき、
yasuママに何度も撫でて~攻撃。まろん&福ママには「エアーおやつ」とか
やられて何度も騙されていました(゜▽゜)

色んなワンコを触らせてもらって感想を。
本当にみんな毛の肌触りがとんでもなく違う!!

モグちゃんはツルンツルンとしていてお口もとはプルルン♪
里親希望のスタンダードプードルの子もいてもふんもふん。
福ちゃんはライオンカットでスベスベ。
気持ち良かった~(とっても満足)

ベティちゃんも最後にきてくれてあぼと感動の再会!?
相変わらずあぼとベティはお互いの体を踏み台にして
気にしなかったり、手を頭に乗せて乗り越えたりと本当に気を使わない関係!?です。

里親希望の方があぼと遊んでくれてその方が気になることを
言ってました。「捨て犬は大型や、大きくなった子が多いのかと
思ったけど違うんですね」。

そうなんです。今や流行に乗って一瞬興味を示し、ただかわいいからと
子犬や小型犬を飼う人が多いです。小さいから手がかからないんじゃないか?とか
子犬ならしつけが入るんじゃないかとかものすごーく勝手な勘違いを
しちゃってるわけですよ。それで自分の思惑と違うとポイッと捨てる。
犬の種類での性格、その子の個性、年齢、そして特性、最後に運動能力を
考えてそこでやっと飼うかどうか決める。本当はこれが一番いいんです。
そこをカバーしてくれるのがDogShelterです。

その点、あぼは我が家に来て私と張り合ってるのでいいパートナーになってます。
なんせ前日は3時間の散歩リベンジしてきましたからね!
東山公園→世田谷公園→三軒茶屋と3時間!!!
また相打ちですが…。


さて、里親会が終わったあとあぼは抱っこをせがんだのでスリングに入れて
駅まで歩こうと気合いを入れていたら駒沢大学前に来ておろしてくれ~と。
そこから駅まで行ってドッグカフェでお茶をしました。

TOKYO PEOPLE'S CAFE駒沢店

ここは奥のソファ席がゆったりしていて敷物を持っていれば犬もソファに乗せてOK!
あぼも敷物を敷いてささみジャーキーをぺろりと平らげてその後熟睡。
カフェでいびきかくなよ…。

ネムネムのあぼをスリングに入れて電車に乗るとあぼ、電車のアナウンス声や
電車が怖いのでプルプル震えます。よしよし、大丈夫だよと他人から見れば
もの凄く怪しい私でしたがあぼが安心出来るならと一生懸命。
降りる駅の手前であぼは私の腕にあごを乗っけて寝ちゃいました。

家までふらふら~と私はあぼの6.5㌔を抱えて家に戻りあぼもすぐ寝ちゃいました。

里親会は何がいいかって、里親希望者と接することが出来るのはもちろんのこと、
里親となった人たちと情報交換やお互いのワンコをいつも気にかけてくれる
そんな実家のような雰囲気です。行けばいつでも喜んで迎え入れてくれる。
そんなあぼの実家です。

みなさんも是非機会があったら行って見て下さいね!

PS え?写真がないって!?そりゃあーた!

カメラ忘れちゃった テヘ☆

| その他 | | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駒沢里親会!

さぁさぁ、大雨の中の駒沢里親会が明日ありますよー

今回参加するのは2頭。

イングリッシュポインター(の、モグちゃん)とMIX(の、ひとみちゃん)。

イングリッシュポインターはイギリスのワンコで鳥の猟で大活躍してます。
猟犬界の王様ですね
家庭犬としても優れた性格特性を持っています。
そのポインターのモグちゃんは穏やかで大人しく、ちょっと弱気。
それに鳥さんを追ったりしません。2歳だけども子供の2歳と同じように
穏やかに少しづつ色々と教えていくのは楽しそうですね
ちなみにモグちゃんの口元を触ると気持ち良さそうです

駒沢里親会
場所 :「DogLifeDesign(ドッグライフデザイン)
住所 : 東京都世田谷区駒沢5-24-5
最寄駅 : 田園都市線駒沢大学駅から徒歩15~20分ほど
日時: 2月27日(土)午後1:00 ~ 午後4:00 (室内のため、雨天でも開催)

大雨の暖かい日にびしょぬれワンコがたくさん来るかも
そこの里親募集中のワンコが気になるあなた!
そこの湿気でワンコ臭をクンクンしたいあなた!(マニアック)
是非是非里親会に来て下さいねー

あぼと一緒に応援しにいきますよおおおおおお(゜▽゜)

| その他 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まあまあのいいニュース

DogShelterへの初トラックバック。

まあまあのいいニュース

私にはこの記事の意味が心の底から理解できる。
大きな幸せがどーんと来るよりも小さい幸せの積み重ねが
一番大事だと思う。大小を決めるのは世論かもしれないけど
私にとっては道端に咲いたただのタンポポが恩人である。

当時私は友人さえも理解してくれないほどの酷い状態にあった。
誰も助けてくれない、誰も支えてくれない。そんなのが10年もの間
続いた。20代の10年は誰にとっても貴重で二度と取り戻すことが
出来ない時間。もうだめかと思ったことが何度もあった。

ある日、いつものように下を向いて歩いていたら電柱の影に
アスファルトの割れ目から突き出すように必死に咲いていた
タンポポを見つけた。

毎日その道を通るたびにタンポポを私は見つめた。
下を向いて歩くのは世論でいうところの「暗いイメージ」だが
私はそのタンポポに励まされてその後頑張って辛い時期を
乗り越えた。

ある人は宝くじが当たればそれが幸せなんだというかもしれない。
ある人はドラマで見るような暖かい家庭を持つことが幸せ
なんだと思うかもしれない。

でも暗いニュースはその人々を大きく揺るがす。宝くじが当たるように
希望をさらに抱く、それに家族を経済的に持てないかもと悩む。
でも私は決して揺るがない。なぜなら毎日1つ必ず幸せを見つけているから。

花が咲いた、あぼが甘えてくれた、母が笑顔になった、そんな幸せが
今の私を形作っている。あのタンポポに出会えないければきっとまだ
大きい幸せを求めていたかもしれない。人間とは欲深き生き物だから。

災難にあったとき、辛い状況に置かれたときに助けてくれるのは日々の
幸せな記憶。それも大きなものじゃなく、小さい幸せだと思う。

毎日の変化がなくてつまらないと言う友人に以前こうした助言をしたことがある。
「1日1つ良いことを見つけてみたら?」
「そうそう毎日良いことなんかないよ~」
「今日はだんなさんがビデオ直してくれたんでしょ?」
「あっ それも良いことなんだ」

当たり前から良いことと思うことで人は人を見る目が変わるとも思う。
それは決して人だけじゃなく犬にも言えることで犬を見ていれば毎日が
発見の連続でどんなことも楽しく思える。空気さえも新鮮に思えるから
不思議だ。

毎日があることは当たり前じゃない。毎日があること自体が奇跡で幸せです。
違う角度で物事を見ればタンポポさえも見えるようになるけれど
いつもと同じ角度から見ると空さえも見えない。

今の私は花に手で触れてそれを感触として味わい、空を見上げて
空の海にいるかのように錯覚してみたり、家から漏れてくる
美味しそうな匂いで鼻を満足させ、あぼがそばにいることに
幸福を感じる。

| その他 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。